ドイツ生活 徒然記

ドイツでの生活も2年目がスタート。日々体験したことや感じたことを書いていきます。

デュッセルドルフからケルンまで3€!FLIXトレインで移動

デュッセルドルフに行ったならケルン大聖堂を見にケルンへ行こう!ということでケルンに日帰りで行ってきました。今回はそのときFLIXBusの電車版、FLIXTrainを使ってみたのでご紹介したいと思います。片道3€という破格のお値段の乗り心地はいかに!?

 

<目次>

 

FLIXBusはアプリがおすすめ

以前ブログでドレスデンからプラハまでFLIXBusを使って行く方法について紹介したのですが、今回はFLIXTrainです。

ドレスデンプラハの過去記事はこちら↓

www.et-chandon.com

 

Bus travel through Europe | FlixBus

こちらのWebサイトからも予約できますが、アプリを使うとチケット管理はもちろん、FLIXBusの位置情報などをチェックできるのでアプリがおすすめです。

 

FLIXTrain の予約方法はバスと同じ

電車だからといって予約の仕方はバスと全く変わりません。

 

f:id:minamoe0529:20191216061652p:plain

 

行き先(もしくは出発先)を「Köln」と入力しても出てこないので英語名の「Cologne」と入れてください。

 

デュッセルドルフ→ケルンのFLIXTrainは朝が薄い

f:id:minamoe0529:20191216061907p:plain

 

デュッセルドルフからケルンへの便は…朝早く出る便がない!

 

Sバーンで行く人はDB navigatorアプリをチェック

ということで時間帯が合わない方は普通に電車で行きましょう(FLIXTrainも電車ですが)。チケットは券売機で購入すると11.9€(約1430円)で乗る時間帯によりますが、30分〜50分くらいかかります。

 

f:id:minamoe0529:20191216062600j:plain

 

私は後から知ったのですが、「DB navigator」というアプリ経由だと、乗車したい時間の6時間前から10.71€(約1285円)で(券売機で購入するよりも1割引の金額)買うことができます。アプリで購入してから即座に360分の有効期間カウントダウンが始まるチケットなので、事前にその金額で購入しておくことはできません。

興味がある方はこちらのページからアプリをダウンロードしてみてください↓

www.bahn.com

 

ケルン→デュッセルドルフ

f:id:minamoe0529:20191216065535p:plain

 

日によるのかもしれませんが、ケルンからは朝早い便がありますね。私はデュッセルドルフからSバーンでケルンまで行き、帰りをこのFLIXTrainの16:01の電車に乗りました。

 

乗車当日の掲示板表示

FLIXTrainは電車なのでFLIXBusのバス停には行かずに、駅のホームへ。

 

f:id:minamoe0529:20191216071735j:plain

 

当日の掲示板です。赤い枠で囲ったところがFLIXTrainなのですが、よく見ると、時間の下に「FLX30」と書いてあります。自分の乗る時間と「FLX」の文字を確認してください。Gleis (Platform)が2とあるので2番線へ行きます。

 

f:id:minamoe0529:20191216072101j:plain

 

ここでもFLXが確認できます。激安なので不安に感じるかもしれませんが、本当に普通の電車と同じように走っているんです。

 

実際のFLIXTrain

f:id:minamoe0529:20191216072410j:plain

 

き、汚い!というのも古い列車を使っているらしいんですよね。

 

f:id:minamoe0529:20191216072517j:plain

 

いたって普通の列車で、コンパートメントもあれば、オープンな席もあります。基本自由席なのですが、たまに座席を指定している人もいて、私は座って速攻どかされました。

 

f:id:minamoe0529:20191216072752j:plain

 

トイレもありますね。

 

f:id:minamoe0529:20191216072823j:plain

 

座席はこんな感じ。ただ、ケルン〜デュッセルドルフは20分強なのであっという間です。

 

f:id:minamoe0529:20191216072936j:plain

 

頭の少し上?くらいにコンセントがあったのですが、全く充電できませんでした。。。

 

まとめ

デュッセルドルフ〜ケルン 片道所要時間20分強 

・お値段は片道3€

デュッセルドルフからケルンへ行く早朝FLIXTrain便なし

Sバーンで行く場合は11.9€(ICEはもう少し高め)

SバーンのチケットはDB navigationアプリで乗車6時間前から1割引で購入可能

・FLIXTrainはちょっと古い普通の電車を黃緑色のFLIXBusカラーでラッピング

・座席にコンセントはあるが充電できない

 

一言で言うととても快適でした。20分強で着いてしまうし、これで3€なら充電ができなくても問題ありません。乗り場が見つけづらいかなと思っていましたが、こちらも問題なし。そして今回時間通りに到着したのでトータルで大満足です。

機会があればぜひ利用してみてください。

 

デュッセルドルフ 絶品!ハイネマンのシャンパントリュフ

先月デュッセルドルフへ行った際に、絶対買おうと思っていたチョコレートがあります。それがハイネマンのシャンパントリュフです!ドイツのお土産として非常に人気の高いチョコレートなので、いつか食べてみたい〜と思っていました。

今日は買った場所と実際に食べてみた感想などを書いておきたいと思います。

 

<目次>

 

Heinemann ガレリア カウフホフの店舗

本当はショーウィンドウも可愛いオーバーカッセルにあるお店に行こうと思っていたのですが、閉店時間が17時と早かったため、20時まで開いているショッピングモールのお店に行きました。

 

f:id:minamoe0529:20191214232827p:plain

 

 

最寄り駅は「Heinrich-Heine-Allee」です。

 

f:id:minamoe0529:20191214234022j:plain

 

ハイネマンはバウムクーヘンも有名なのですが、小さいものでもなかなかお値段が張るので(15€とか)、コーナーにあった手前の4.8€のものを買ってみました。

 

f:id:minamoe0529:20191214234243j:plain

 

ドイツ人はマジパンが本当に好き!ということでここにももちろん置いてありました。1体鼻たれ小僧みたいになってますが…にしても高いなぁ。

 

シャンパントリュフ Champagne Trüffel 

f:id:minamoe0529:20191214234619j:plain

 

ということで買ってきました♪ たくさん入っているギフト用ボックスや半分くらいの量のプチギフトみたいなパッケージもありましたが、ベーシックなタイプを選びました。

 

f:id:minamoe0529:20191214234828j:plain

 

10個入で8.12€(約975円)なので1粒100円弱くらいします。シャンパンが入っているからかお高いです。。

 

f:id:minamoe0529:20191214235100j:plain

 

ちょっと1粒出して切ってみました。中央にガナッシュがあり、周りをシャンパンのジュレのようなものが囲っています。気になるお味ですが、決して甘すぎず、またシャンパンのアルコールが強すぎることもなく、絶妙なお酒と甘みのバランスで上品な美味しさ!ぜひ、1粒をじっくり味わって食べてください。

 

ヴァイヒプリンテン Weichprinten

f:id:minamoe0529:20191215000119j:plain

 

バウムクーヘンコーナーに置いてあったので、似たようなお菓子なのかなと思ったら全然違いました。。もともとベルギーからアーヘンに伝わって、アーヘンのプリンテンが有名になったという説も見かけましたが、ドイツではアーヘンで有名な焼き菓子です。スパイスとはちみつを使った焼き菓子でプリンテンは非常に硬いのですが、ヴァイヒプリンテンは柔らかくしてあるものなので、もしお土産に買うのであれば後者を選びましょう。

ハイネマンのこのヴァイヒプリンテンはシナモン類のスパイスというよりはオレンジピールの風味がかなり強かったです。個人的にはオレンジピールが苦手だったのですが、日をまたいで徐々に食べ続けているうちに、最後の2つくらいになって(ちなみに2個ずつ2段になって入っています)「…これ意外とおいしいかも」と目覚めました!しかも封を開けて1ヶ月くらい風味が変わらず、しっかりとチョコレートでコートしてあるからか、柔らかさもキープされていました。

 

まとめ

シャンパントリュフは1粒あたりで換算すると約100円と高価

シャンパントリュフの味はお酒の風味と優しい甘さが合わさって上品な美味しさ

・ヴァイヒプリンテンはドイツではアーヘンが有名

・ヴァイヒプリンテンはスパイスやオレンジピールなどの風味により好みが分かれる

 

シャンパントリュフに関しては普段ドイツのお菓子を食べない夫がとても気に入り、気がついたら10個中8個も消えていました…。本人は近所のスーパーで買ったチョコレートにしては美味しすぎると思っていたようで、デュッセルドルフで買ってきたと言うと申し訳なさそうにしていました(笑)ハイネマンはデュッセルドルフの他にミュンヘンにもお店があるので、当分ないと思いますが、また機会があれば買いたいと思います!

 

デュッセルドルフ K21 ”in orbit” 以外の展示&カフェ

前回はK21最上階にある"in orbit"というインスタレーションについてまとめたのですが、今回はそれ以外の展示とK21にあるカフェについて書いておきたいと思います。

 

<目次>

 

K21のカフェ PARDO's

f:id:minamoe0529:20191213191014j:plain

 

お店の壁はまるで絨毯生地のように見えて重厚感があり、壁紙と反対色の緑色のライトがキラキラしてとてもきれいでした。

実は入ってすぐカウンターが見えたので、先に注文する簡易的なカフェだと思って注文しに行ったのですが、着席したままウェイターが来るのを待つスタイルだったよう。

 

f:id:minamoe0529:20191213191246j:plain

 

その割にはメニューは結構質素な感じ。内容が季節などで頻繁に変わるのかもしれません。

ちなみにトイレのすぐ横の席に座ったのですが、コンセントがベンチ下にあり、ちょっと充電させてもらいました。

 

f:id:minamoe0529:20191213191512j:plain

 

カプチーノ2.9€(約350円)でした。お会計も席で呼ぶ必要があったみたいで、支払いにカウンターへ行ったのですがせっかちな人と思われたかも知れません(笑)

 

企画展示

f:id:minamoe0529:20191213191906j:plain

 

企画展示室は地下にありました。

 

f:id:minamoe0529:20191213191958p:plain

 

光や煙の軌道、振動などをテーマにした作品群でした。ちなみに、写真にはないですが、映像作品がポ◯モンのアニメで起きた光過敏症発作を引き起こしそうな光の点滅が多く、自己判断ですぐ見るのをやめました。

 

常設展

特に作者などに触れるわけではないですが…一部ご紹介したいと思います。

 

f:id:minamoe0529:20191214034233j:plain

 

私は彼をちょいグロモンスターと名付けました。かなり高身長で迫力ありますが丸みを帯びていてそんなに怖くない。思わずこちらも背中を反りたくなる衝動に見舞われました。

 

f:id:minamoe0529:20191214034408j:plain

 

回転する台に盛り付けられた人形やおもちゃなどの影が重なり合って影を作る作品。光に照らされたオブジェクトを見るとなんとなく不気味でしたが、影だけ見ると色々な形の登場人物が集まって話をしているようにも見え、メルヘンチックでした。

 

f:id:minamoe0529:20191214034903j:plain

 

これは映像作品です。人形の身体、手足、顔など細かく糸で釣って動かす操り人形のアニメーションでした。全てを観ることはできませんでしたが、戦をテーマにしていて首を切り落とすシーンなどもありなかなか怖かったです。。

 

f:id:minamoe0529:20191214035428j:plain

 

きわどい描写を含む展示品が置かれた部屋の注意書き。ドイツ語と英語で若干ニュアンスが違うところがあって興味深い。英語にいたっては制限年齢が設定されていないという。。

 

ドイツ語:

この部屋のいくつかの作品は戸惑わせるものもあるかもしれません。また、16歳以下の子供や若者には適していません。

 

英語:

訪問者はこの展示のいくつかの作品が挑戦的だと感じるであろう露骨な性質であるために注意が必要です。それらの作品は子供には適していません。

 

…実際この展示作品を見ましたが、私だったらR指定18にします。というのも、ある事件をテーマにしていて写真のコラージュを一部に用いているのですが、写真が露骨であったり、表現が執拗であったり、確かに気分が悪くなりそうでした。。

 

まとめ

・K21のカフェは着席式

・K21の常設展はかなり挑戦的なものもある

・映像、彫刻、写真、絵画、陶製置物などなど、作品は多種多様

・見学時間はK21全体で1時間半〜2時間ほど

 

現代アートが難しいと感じるのは私も例外ではありません。なので、作品の意図を考えるよりも、なるべく見て自分がどう感じるかということに集中しようと努めています。まぁ、「何が言いたいんだろ?」ってつい考えてしまいますけどね。。ということで見学時間は見る人によって大分幅があるだろうなと思う展示でした。前回ご紹介した"in orbit"については混雑時に待ち時間が発生する可能性もあるので(私は10分待ちでした)先に最上階へ行って"in orbit"のインスタレーションを体験し、その後降りて行くのがいいんじゃないかなと思います。

以上、K21についてでした!

デュッセルドルフ K21で空中散歩!?高い所好きな人向け

f:id:minamoe0529:20191213054128j:plain

デュッセルドルフの州立美術館K20は近代的な建物でしたが、今回ご紹介するK21はもともと州議会議事堂であった建物を再利用しているのでヨーロッパの雰囲気がありますね。

<目次>

 

K21の場所

 

州立美術館K20からK21へは歩いて15分ほどです。シャトルバスも出ていますが、今回は徒歩で移動しました。

 

入場について

f:id:minamoe0529:20191213055148j:plain

 

私はK20とK21のコンビチケットを購入(18€)したので、カウンターで紙のチケットを提示し、黄色いバンドを受け取りました。始め気が付かずに青色バンドのみつけたままで(K20でもらったもの)そのまま見学していたら、監視員さんに黄色いバンドをもらうように注意されました。。

 

K21営業時間はK20と同じ

K21の営業時間及び入場料金はK20と同じなのでこちらを確認ください↓

www.et-chandon.com

 なお、これからご紹介する最上階のインスタレーションに関しては2020年の下記日程変則的ですのでご注意ください。

・2020年1月8日(水)10時〜13時

・2020年1月18日(土)終日クローズ

 

Tomás Saraceno – in orbit

f:id:minamoe0529:20191213060108j:plain

 

建物に入って上を見上げると何やらネットの上を歩いている人たちが…。そう、これが体感するインスタレーションなんです。

 

f:id:minamoe0529:20191213060414j:plain

 

最上階にやってきました。

 

f:id:minamoe0529:20191213063836p:plain

 

これは保険とかではなくて、注意事項を了解しました、というサインをする紙です。

以下簡単に内容を載せておきます。

 

・最低年齢12歳以上

・12歳〜17歳は保護者の同伴のもとインスタレーションに参加すること、もしくは保護者の同意書を持ってくること

・運動に適した服装をすること

・一度に体験する人数は10人まで

・混雑時には10分まで

・ポケットの中は空にし、ロッカーに荷物を入れること

・専用の服(オーバーオール)の着用

・メガネはグラスチェーンを貸出する

・カメラや携帯電話はロッカーに入れること。写真は外からのみ。

 

私はピアスも落ちる危険があるのでしまうようにと言われました。

 

f:id:minamoe0529:20191213064645j:plain

 

これが専用のオーバーオール。サイズもいろいろ揃っています。162センチの私はSサイズを着用。その場で服の上から着るため、ワンピースやスカートだととても着にくいです。。

 

f:id:minamoe0529:20191213064931j:plain

 

貴重品を入れるロッカーと貸出用の靴です。サイズが合うものを履きましょう。

準備が整ったら10人全員で注意事項を聞きます。英語のフリップも用意されているのでドイツ語がわからなくても大丈夫です。

 

いざ、空中散歩へ!

 

f:id:minamoe0529:20191213065125j:plain

 

高い所が好きな人には絶対おすすめです。一瞬このネットは信用できるのか、とか考えてしまいますが、頑丈に造られていることを信じて楽しみましょう。

ところどころに枕?のようなものも散らばっていて、寝そべったりすることもできます。10人がそれぞれ好きなように過ごして10分間はあっという間に過ぎていきました。

 

まとめ

・K21の営業時間及び入場料はK20と同じ

・両館見学できるコンビチケットは大人18€

・K21の最上階のインスタレーション”in orbit”は高い所好きな人におすすめ!

・”in orbit”の対象年齢は12歳以上

・”in orbit”を体験する場合、12歳〜17歳は保護者の同伴が必要

 

行く前にWebサイトのイメージ図を見たものの、実際どんな展示なんだろう?とあまりピンとこなかったのですが、イメージ図そのままでした(笑)その場で参加している人たちそれぞれの動きが蜘蛛の巣のようなネットを通して影響し合う、興味深いインスタレーションなのですが、正直私は何も考えず1人でとても楽しんでいました!笑

長くなってしまったので、その他の展示とK21のカフェについてはまた次回に書きたいと思います。それではまた!

デュッセルドルフ 水晶の夜 シナゴーグ追悼碑

先月11月9日にデュッセルドルフの州立美術館へ行ってきました。偶然にもその日は歴史的な日。恥ずかしながら全く知らなかったのですが、市内で追悼碑に遭遇し、後でその歴史について調べましたので少し書いておこうと思います。

 

<目次>

 

K20からK21へ

K20を見終わった私は歩いて15分ほどのK21へ向かいました。無料のシャトルバスもあるということでしたが、どこかでお昼を食べようと思ったので徒歩で移動することに。

f:id:minamoe0529:20191211221837j:plain

 

両館の位置関係はこんな感じです。

 

Kasernenstrasseにお花

f:id:minamoe0529:20191211223359j:plain

 

歩いていると、1つの碑の前にたくさんの花が手向けられていました。11月の曇り空の下で一際目立って見えます。

ちょうど一人の青年がろうそくに火を灯そうとしており、私はその後ろで静かに見ていました。

 

ドイツ人青年との会話

その青年と少し話したところ、11月9日にここに昔建っていたシナゴーグが襲撃されて、そのことを忘れないために自分たちはこうして追悼をしているのだと言っていました。

f:id:minamoe0529:20191211224058j:plain

 

”Rassenwahn”という単語の意味がわからなかったので、彼に聞くと、なかなか英語では説明しづらそうでした。「民族浄化」のことかなと思って、それをスマホでドイツ語に変換して見せると(Rassenwahnは出てきませんでしたが)、彼はその通りだと言っていました。

私がドレスデン在住だと言うと少し驚いたようでしたが、ドレスデンの右傾化の動きについて少し言及すると、またこのようなことが再び起こらないようにしなくては、と静かに答えてくれました。その短い会話の後で私達はお互いに挨拶をして別れました。

 

水晶の夜について

11月9日はベルリンの壁が崩壊した記念すべき日ですが、遡ること51年、1938年の11月9日はユダヤ人に対する暴動・迫害が行われた日でした。

少し石碑の碑文と内容が異なるところもありますが、Kasernenstrasseにあったシナゴーグについての歴史が見つかりました↓

Archive - north-rhine-westphalia - Duesseldorf

 

水晶の夜は英語でPogrom night、ドイツ語でKristallnachtと言います。暴動で壊されたガラスがキラキラと瞬いて見えたことからそう呼ばれるようになったそう。Pogromとはユダヤ人大虐殺のことを指す言葉です。

暴動の引き金となったのは、ユダヤ人青年がユダヤ人の境遇の悲惨さを訴えるためにドイツ大使館員を暗殺したことでした。それに対する報復としてすぐさま各地で反ユダヤ主義の暴動が起き、ナチス政権はそれを事前に察知できていたにも関わらず傍観したと言われています。

水晶の夜 - Wikipedia

 

まとめ

・1938年11月9日、10日にかけて各地で反ユダヤ主義の暴動が起きた

・Kasernenstrasseにはその暴動で襲撃されたシナゴーグと被害者を追悼する碑が存在する

・ドイツ人の若者は今もその悲惨な出来事を忘れないために11月9日に追悼を捧げている

 

K20からK21へ移動する間にこの追悼碑は建っています。もし時間に余裕があったら15分歩いてみてください。ユダヤ人の悲惨な歴史を少しだけ知ることができます。なお、Mühlenstraße にメモリアルセンターがあるそうなので、興味のある方はぜひ訪れてみてください。

Gedenkstättenübersicht - Europe

デュッセルドルフ K20 常設展

今日はイケアカフェで中国人と間違われた愛知県出身の私です。私達からして欧米の方々の区別がつかないのと一緒でドイツの人もアジア系を見るとだいたい中国人だと思っているようですね。

そういう人種や民族を超えていくのが美術や音楽ということで、本日も美術館のお話です。

<目次>

 

州立美術館のはじまり

デュッセルドルフの州立美術館はパウル・クレーの作品を多く所蔵していることで広く知られています。ナチス政権によって貶められた前衛美術に対する文化的政策として、優れた現代美術作品が1961年に州によって買い上げられたのがこの美術館の歴史の始まりでした。その際にコレクションの基礎となったのが、アメリカの個人収集家から買い取った88枚の絵画や素描、そしてパウル・クレーの作品だったそうです。

 

所蔵作品

…クレーの作品で有名なのに写真を見返したら一枚も撮っていない!ということで残念ながらここでパウル・クレーの作品は紹介できないのですが、それ以外で私の好みで撮ってきた写真を載せておきたいと思います。

所蔵作品:カンディンスキー

f:id:minamoe0529:20191211054106j:plain

 

カンディンスキーは友人の好きな画家だったので名前を覚えました。ロシア出身の画家さんです。

 

f:id:minamoe0529:20191211054304j:plain

 

友人は音楽をやる人だったので、この散りばめられた彩りに音を見ていたのかもしれません。

 

所蔵作品:ピカソ 

f:id:minamoe0529:20191211054441j:plain

 

すごくどっしりしていて見ているだけで重みを感じます。。。張り飛ばされたら痛いだろうなぁ。

 

所蔵作品:シャガール

f:id:minamoe0529:20191211055109j:plain

 

ユダヤ教の聖職者とレモンが描かれています。

 

f:id:minamoe0529:20191211055906j:plain

 

シャガール肖像画。どちらの作品も色味がモノトーンに近く、正直ぱっと見ただけではシャガールだとわからず。企画展のムンク同様、シャガールについてもイメージが少し変わりました。

 

所蔵作品:河原温

f:id:minamoe0529:20191211061401j:plain

 

コンセプチュアルアーティスト河原温は作品を作成した日を丁寧にアクリル絵の具で描き、「Today」シリーズとして残しました。

bijutsutecho.com

f:id:minamoe0529:20191211062744j:plain

 

全然知らない作家さんだったのですが、愛知県出身ということで思わず凝視してしまいました。刈谷出身なのですが、「Karya」とスペルミスされてしまっていたので、監視員の方に指摘したら「おもしろいね。美術館にメールを書いてみたらいいよ」とのことでした。はい、監視員のお仕事ではないということですね。

 

所蔵作品:その他

f:id:minamoe0529:20191211064758j:plain

 

展示作品はかなり大きいものや空間を使うものなどもあって、美術館の天井は高めに設定されていました。

 

f:id:minamoe0529:20191211065125j:plain

 

高さを変えて展示するだけでだいぶ動きが出ますね。

 

f:id:minamoe0529:20191211064947j:plain

 

顔面にハチドリが寄生したかのような…と書くと結構グロテスクですが、この石像の表情がかわいくて撮影した一枚。

 

f:id:minamoe0529:20191211065237j:plain

 

準備室かな〜?と思わせるような作品。それにしてはすごくきれいに整えられて置いてある。。

 

f:id:minamoe0529:20191211072013j:plain

 

映像作品もありました。上下逆さまになった男性の顎と口が映され、何かしら音を発していました。子供の頃弟とお互いの顎と口を逆さまで見合ってゲラゲラ笑って遊んだことを思い出しました。顔みたいに見えるよね!と、コンセプトはわからずとも頷きたくなる作品でした。

 

f:id:minamoe0529:20191211065909j:plain

 

美しさの象徴であるヴィーナス像に引き出しをつけて取っ手にポンポンをつけてしまうなんて、どんな人が作ったの!?と思ったらサルバドール・ダリでした。『引き出しのあるミロのヴィーナス』という作品。1936年の作品とは思えないですね。

 

まとめ

・K20常設展はパウル・クレーカンディンスキーピカソシャガールなどの作品が見られる

・所要時間は常設展&企画展で大体2時間ほど

・絵画はもちろん、彫刻作品・映像作品もあり

 

これだけ様々な種類の作品を見られると思っていなかったので個人的には大満足の美術館でした。デュッセルドルフに滞在するときはぜひまた訪れたいなと思います。K20のカフェ・レストランには立ち寄れなかったので今度はぜひそちらも行ってみたいです。

 

 

デュッセルドルフ K20 企画展 エドヴァルド・ムンク

先月デュッセルドルフのK20州立美術館を見に行ってきました。そのときの企画展はエドヴァルド・ムンク。そして会期ギリギリでしたが、アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル振り付けのコンテンポラリーダンスも少し見ることができました。

 

<目次>

 

2つの展覧会

f:id:minamoe0529:20191210033053j:plain

 

ムンク展の方は2020年3月1日(日)まで開催中です。

アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルという振付師は1960年生まれのベルギー出身。彼女が1983年に主宰した「Rosas」という国際的に活躍するダンスカンパニーは最近では2019年5月に来日しています。

bijutsutecho.com

 

コンテンポラリーダンス

f:id:minamoe0529:20191210034930j:plain

 

タイミングよく踊りを見ることができました。ただ、写真撮影禁止だったので、ポスターの写真のみ。彼女の名前は覚えていませんが、ひたむきに踊る姿は清々しく美しかったです。ダンスはほとんど観たことがありませんでしたし、コンテンポラリーダンスは初めてで何を表現しようとしているのかはわかりませんでした。でも、とにかくきれいだなという印象が残りました。

 

ムンク

ムンク=叫び というイメージの方は多いと思います。もちろん私もそうでした。今回の展示はムンクと同じノルウェー出身の作家、カール・オーヴェ・クナウスゴールがキュレーションを務めたということで、ムンクの版画作品や彫刻作品も展示されていました。恥ずかしながら、彼の作品『わが闘争』については今回初めて知ったのですが、もしかしたら自分自身の小説と重ね合わせながら今回の作品を選んでいったのかもしれません。

 

f:id:minamoe0529:20191210042215j:plain

 

展示の出だしは牧歌的な風景や仕事をする人たちの様子が描かれた絵が多く、明るい雰囲気でした。

 

f:id:minamoe0529:20191210042349j:plain

 

のどかであたたかい雰囲気に青色が映えて鮮やかです。

 

f:id:minamoe0529:20191210042736j:plain

 

冬景色はいかにも寒そうです。。北欧だもんな。。

 

f:id:minamoe0529:20191210042858j:plain

 

叫びに出てくるような人の顔も背景の優しい色遣いによって怖くはありません。

 

f:id:minamoe0529:20191210044708j:plain

 

このあたりの展示は血色の悪い表情の人物が多く登場し、不穏な雰囲気を醸し出しています。

 

f:id:minamoe0529:20191210044830j:plain

 

ムンクの版画作品は今回初めて見ましたが、いずれも暗い雰囲気のものでした。

 

f:id:minamoe0529:20191210044953j:plain

 

暗い絵の印象が強いムンクでしたが、今回の展覧会では明るい風景画や肖像画が多く展示されており今までのイメージが変わりました。この3人の子どもたちはぼやけた背景の前で少し不安げではありますがとても愛らしい印象です。

 

f:id:minamoe0529:20191210045301j:plain

 

まっすぐこちらを見据えた黒いドレスの婦人はその眼差しのせいか、生き生きとリアルに見えます。

 

f:id:minamoe0529:20191210045431j:plain

 

ムンク肖像画の人物たちはみなとてもおしゃれでした。こちらのご婦人のドレスも素敵だなと思って写真を撮りました。

 

f:id:minamoe0529:20191210045549j:plain

 

この人物たちは無表情か、どこかうつろで生気を失っているかのようです。

 

f:id:minamoe0529:20191210045933j:plain

 

右側の少女はなんだかのっぺりした顔をしていますね。左の少女は逆に顔に筆を多く入れています。当日見たときも2人の描き分けになんだか違和感を感じました。

 

f:id:minamoe0529:20191210050048j:plain

 

ダンディなおじいちゃんだな〜と思ったらムンクの自画像でした。渋いですね。

 

f:id:minamoe0529:20191210050156j:plain

 

こちらは若いときの自画像。見開かれた左目とは対象的に、顔面の右側は塗りつぶされています。絵の状態も引っかき傷のようなものがあちこちに見られ、ちょっと不穏な雰囲気を感じますね。

 

ムンクについては叫びのイメージが強すぎて=暗い絵を描く人だとばかり思っていましたが、今回の展示を見て、あたたかい農園風景などを描く違った一面を知ることができました。キュレーションを担当した作家カール・オーヴェ・クナウスゴールとの関係がもっとわかればより深く楽しめた展覧会だったのかもしれません。いずれにせよとても興味深い展示でした。

 

以上がK20の企画展です。次回は常設展示について紹介したいと思います。

デュッセルドルフの州立美術館(K20)

先月デュッセルドルフに行った際、ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館 K20とK21を訪れました。どちらも非常にきれいな美術館であり、内容もとても興味深く、K21には身体を使って体感するインスタレーションもあって、楽しかったです!今回はK20のチケット売り場とショップについて書いておきたいと思います。

 

<目次>

 

K20の場所と営業時間

f:id:minamoe0529:20191209225350j:plain

 

 

最寄り駅:"Heinrich-Heine-Allee" (地下鉄)

営業時間:火曜日〜金曜日 10時〜18時、土日祝日 11時〜18時

 定休日  :月曜日、12月24日・25日・31日

入場料金:大人12€、子供2.5€

K20&K21両館チケット:大人18€、子供4€

 

☆毎月第1水曜日は夜18時〜22時まで入場無料

その他割引料金などは下記サイトにてご確認ください↓

Kunstsammlung NRW: Edvard Munch

ちなみに「K20」のK=Kunst( 芸術)20=20世紀 という意味らしいです。

私は時間があったので友人宅から1時間ほど歩いて向かいました。土曜日の朝オープンして間もない頃に到着。いかにも美術館、という感じの立派な建物ですね。

 

K20館内&チケットカウンター

f:id:minamoe0529:20191209225525j:plain

 

今回訪れたときにはムンク展とコンテンポラリーダンスの演技が行われていました。

 

f:id:minamoe0529:20191209225632j:plain

 

チケットカウンターはこんな感じ。オンラインでチケットを既に買った人は一番奥のカウンターです。私は当日券のK20・K21両館見学できるコンビチケット(約2160円)を購入しました。

このチケットカウンターの裏側にお手洗いとロッカーがあります。

 

チケット

f:id:minamoe0529:20191209232519j:plain

 

コンビチケットと青い紙テープを渡されました。私はその日のうちに両館を訪れましたが、K20を観て、K21を別日で見学する場合は2ヶ月以内にK21を訪れれば大丈夫です。(写真は後で行ったK21のカフェで撮影したものです)

 

f:id:minamoe0529:20191209233021j:plain

 

K20ではこちらの青いバンドを自分でつけてから会場へ入ります。K21ではカウンターでチケットを見せて今度は黄色いバンドをもらいます。

 

ショップの様子 

f:id:minamoe0529:20191209233749j:plain

 

ミュージアムショップはチケット売り場の横にあります。もっぱら美術書がたくさん置いてあり、手前にポストカードが陳列されていました。ムンク展オリジナルグッズらしきものもありましたが、あまり可愛くなかったので写真に収めていません(苦笑)

 

f:id:minamoe0529:20191209234207j:plain

 

日本の雑貨がなぜか置いてありました。

 

f:id:minamoe0529:20191209234117j:plain

 

草間彌生グッズも!右のがま口が約15,360円で真ん中のクラッチバッグは約56,280円ですね。。。鍵付きのショーケースに入っていました。

 

アート系の雑貨屋さんに入ると必ずと言っていいほど日本の文房具や雑貨を見つけるので、日本のセンスというか感覚がドイツ人にも好まれているんだなと感じます。

 

少し長くなってしまったので、次回ムンク展について書きたいと思います!それではまた!


 

フェイクにご注意!デュッセルドルフのタピオカショップThe Alleyは偽物です…

先月友人を訪ねて初めてドイツは西側デュッセルドルフへ。デュッセルドルフ日本商工会議所には日系企業が600社あまり名を連ね、大きな日本人コミュニティがあることで知られています。ドレスデンからはLCCで片道7千円〜1万円ほど、1時間15分で飛ぶことができます。

今回はデュッセルドルフスマホを充電できるカフェに入りたいと思い、あのタピオカミルクティーで有名なThe Alleyをデュッセルドルフで見つけたので入ってみました。

が…後で調べてみるとなんとニセモノのお店!みなさんはひっかからないように気をつけてください!私が訪れたのは11月初旬なので今頃既にクローズになっているかもしれませんが、念の為情報載せておきます!

 

<目次>

 

グーグルマップの口コミ情報

なぜ私がニセモノだと気がついたのか、それはグーグルマップで検索したときに出てくる口コミで異常に低い点数がついていたんです。

f:id:minamoe0529:20191207230439p:plain

実際行ってみて金額が高いなとは思ったのですが、本家に行ったことがなく、味を知らなかったので特段不審に思うことはありませんでした。しかし、口コミを見ると他のお店に比べて味が悪いという意見ももちろんありましたが、フェイクのお店だ、という書き込みが。

 

フェイスブックで確認したら…

 

 「多くの方から問い合わせをいただきましたが、私達は本日、今一度、デュッセルドルフ インマーマンストリート 57のお店が私達のものではないとはっきりさせておきたいと思います。」

 

えー!公式がガチで怒ってる!..

 

世界公式サイトには

公式サイトを見ると、確かにヨーロッパにはパリ・ベルリン・ロンドンの3つしかないんです。

 

f:id:minamoe0529:20191207230853p:plain

 

現場の写真と住所

f:id:minamoe0529:20191207223320j:plain

 

f:id:minamoe0529:20191207234523j:plain

 

 

The Alleyのフェイスブックで弁護士に相談しているという書き込みがあったので、今はもう既に閉めているかもしれませんが、11月初旬に訪れた際の写真を載せておきます。うーん…フェイクと知った今写真を見たらなんだか胡散臭い気がしてきます。。でも、何も知らずに入ったらわかりませんよね。

 

実際に行ってみて

f:id:minamoe0529:20191207234234j:plain

 

私は黒糖タピオカミルクティーのホットを頼んだのですが、4.9€(約590円)でした。日本で買うと一杯660円くらいなので日本と同じくらいでしょうか。

味は…個人的には普通だと思いました。ただ、先程も書きましたが、本家の味を知らないので比較ができず申し訳ありません。グーグルの口コミの中には本物の牛乳ではなく粉末を使っている、など細かい指摘も寄せられていました。

私は当日ニセモノのThe Alleyだとは知らずに入り、コンセントから電源を拝借しながら30分くらい滞在しました。お店はテイクアウトが主体となっており、できあがりを待つためにベンチが置いてあるのと、窓際のカウンター席が5席ほどありましたが、お手洗いはありませんでした。ただ、若い人(主にアジア系)で常に何人か店内で待っている人がおり、流行っている雰囲気でした。

 

まとめ

・The Alleyはドイツにはベルリンのみ。

デュッセルドルフのお店はフェイクで本家が公式にニセモノだと注意喚起している

・フェイクのお店のタピオカミルクティーは4.9€でした

 

ニセのお店だと知らずに入ってしまい、後でフェイクと知って非常に驚きました。一時帰国した際に日本で店舗を通りすがりに見たことがあって鹿のアイコンに見覚えがあったため、何も疑念を抱きませんでした。。完全に騙されました。。みなさんもフェイクショップにはどうか気をつけてください!

 

 

ドレスデンで証明写真セルフ撮影ボックスを探す

明日はビザの更新で外国人局に出向きます。そんな前日の今日、許可証の写真がないことに気が付き、夫が帰宅してから写真撮影に出向きました。以前dmで証明写真が撮影できることをブログに書いたのですが、近所のPassbilderサービスがあるdmに行ったら「ただいま利用できません」の張り紙が。。。ショック!仕方がないので駅に設置してある証明写真機を利用することにしました。

今回はセルフ撮影機が置いてある場所をいくつかご紹介したいと思います。

 

ちなみにdmでの証明写真撮影についてはこちらをご参照ください↓
www.et-chandon.com

 <目次>

 

ドレスデンで証明写真が撮影できるお店

証明写真を撮影してくれるお店で私が知っているのはdmの他に、

 

・Studioline

Home | STUDIOLINE PHOTOGRAPHY

・Mister Minit

https://misterminit.eu/de_de/

 

の2つが挙げられます。Studiolineは写真屋さんなので値段も高く、証明写真4枚で16.99€です。Mister Minitに関しては値段がネット上に掲載されていませんでした。

 

ドレスデンにある証明写真機

ドレスデンで証明写真機がある場所は限られていて、私が知っているものは2箇所しかありません。

 

ドレスデン空港

f:id:minamoe0529:20191128064402j:plain

 

以前ドレスデン空港についての記事を書いた際に少し触れたのですが、チェックインカウンターの横に証明写真機が設置されています。

 

f:id:minamoe0529:20191206080129j:plain

 

ビザやパスポート用の写真は5枚で10€と少し高めです。

 

ドレスデン中央駅

f:id:minamoe0529:20191206080636j:plain

 

今日行ったらクリスマスツリーがとても綺麗でした。ツリーの手前にチョコレートのリッタースポーツの巨大オブジェがあるのが見えるでしょうか。この写真機に関してはそのオブジェを目印にするとわかりやすいかもしれません。

 

f:id:minamoe0529:20191206080909j:plain

 

ちなみにこの写真機は中央駅に2箇所あるようです。黄色い丸で囲ったところがこの写真機が設置してある場所です。

 

f:id:minamoe0529:20191206081030j:plain

 

5枚で6€でしたが、赤い丸で囲った部分をよく見てみてください。赤い斜めのラインが入っているのがおわかりでしょうか。夫の写真にいたっては同じくらいの位置に2本もラインが入っていました。。。まぁ安いので仕方ないと思いますが、顔に線が入るというのはあまり気分がよろしくないかと。。。写真の質はdmより少しいい感じだと思いますが、証明写真として受理されるかどうかが重要なので余裕があるときは今後はdmで撮影したいと思います。

ちなみにこの写真機はお釣りが出ないので、ここで撮影される場合は6€ぴったり握りしめて行ってください。

 

その他の場所で、カールシュタット(Karstadt)というドレスデンのデパートの上階に同じ写真撮影機が置いてあったと思うのですが、近頃行っていないのでまた確かめられたら掲載したいと思います。

 

ちなみに、Bahnhof Neustadt(ノイシュタット駅)には以前写真撮影機が設置してあったのですが、今日行ってみたらリノベーションされていてもう置いてありませんでした。。。駅のホームページの構内図にはまだ掲載されていますが、存在しませんのでお気をつけください。

 

まとめ

・お店ではdm、Studioline、Mister Minitで証明写真の撮影が可能

ドレスデンで証明写真機が置いてあるところは空港(10€)&中央駅(6€)

・写真機は機械によっては不要な線が入ることも

・写真機はお釣りがでないため、金額ぴったり持っていく必要がある

 

ドレスデンに着いたばかりのときに写真機を探そうとしたのですが、どうやって検索ワードを設定したらよいかもわからず、当時はやっとの思いでdmに辿り着きました。もし他の地域で探される場合は「Passbilder」や「Passfoto」で検索すると何かしらひっかかるかもしれませんので試してみてください。

以上、証明写真についてでした!参考になれば幸いです。