ドイツ生活 徒然記

ドイツでの生活も2年目がスタート。日々体験したことや感じたことを書いていきます。

イタリアのクリスマス菓子パンドーロでフレンチトースト

f:id:minamoe0529:20191229030725j:plain

 

前回紹介したこのパンドーロなんですが、2人で食べるにはやはり大きすぎ(1キロ)て味に飽きてきてしまいました。

 

ということで、今日はフレンチトーストにしてみることに。

 

f:id:minamoe0529:20191230234022j:plain

 

<材料>

・パンドーロ 1切れ

・卵 1個

・砂糖 小さじ1(甘めが好きな方は増やしてください)

・牛乳 100ミリリットル

・バター 10グラム

 

f:id:minamoe0529:20191230234200j:plain

これで1切れ

 

1切れがかなり大きいので、真ん中で半分にスライス。

 

f:id:minamoe0529:20191230234321j:plain

山のところに包丁を入れてスライス

  

f:id:minamoe0529:20191230234533j:plain

 

卵を割ったら牛乳を注ぎ、

 

f:id:minamoe0529:20191230234637j:plain

 

砂糖を好みで加えて混ぜ、卵液を作ります。

 

f:id:minamoe0529:20191230234825j:plain

 

パンドーロを両面卵液に浸して

 

f:id:minamoe0529:20191230234927j:plain

 

バターをひいて、両面を中弱火で4分ずつくらい焼きます。蓋をして蒸し焼きにするとしっとりしました。カリッとしたのがお好きな方は蓋をせずに焼き加減を見ながら焼き時間を調整してください。

 

f:id:minamoe0529:20191230235054j:plain

 

完成〜!

 

f:id:minamoe0529:20191230235249j:plain

 

ふわふわしっとり焼き上がっています。このまま食べたら少し甘さが物足りない感じがしたので定番のメープルシロップが相性よさそう。私は別でケーキを作ったときに余ったクリームチーズソース(クリームチーズ✕粉糖✕生クリーム)をかけていただきました。

 

粉糖をかけていただく通常の食べ方も美味しいのですが、シンプルな味なのでバリエーションを楽しめる所も気に入りました!1粒で2度美味しいパンドーロ、来年も買いたいと思います♪