ドイツ生活 徒然記

ドイツでの生活も3年目がスタート。日々体験したことや感じたことを書いていきます。

ドイツで牛ステーキを焼く

無性にお肉が食べたくなるときってありませんか?今日は先日ステーキを焼いたときのことを書きたいと思います。

 

f:id:minamoe0529:20200215220511j:plain

 

こちら2枚で約870グラム 13.1€(約1570円)の牛肉です。初めてステーキ用の牛肉を買いました!28日熟成らしいです。ドイツではあまりサシの入った牛肉を見ないのですが、このお肉は美味しそう。

 

f:id:minamoe0529:20200215221005j:plain

 

焼くために牛脂を探したのですが、豚の脂しか見つからず。スーパーの精肉コーナーをくまなく見回しても牛脂は売っていませんでした。そこで牛骨(写真は約470グラム)を買って脂をこそげることに。大体80グラム(2人分)くらいの牛脂がとれました。

 

f:id:minamoe0529:20200215221439j:plain

 

脂が溶けるまで熱します。

 

f:id:minamoe0529:20200215221717j:plain

 

牛脂が溶けたらにんにくを香りが立つまで弱火で炒めます。狐色になったらにんにくを取り出します。

 

f:id:minamoe0529:20200215222411j:plain

 

常温に戻したお肉の筋を切り、焼く直前に塩胡椒、そしてステーキ用のハーブなどが調合されたクレイジーソルト的な調味料を(お肉の1%の重さと同量)両面にまぶします。両面を焼いたらワインを入れて蓋をして少し蒸します。自分の好きな焼き加減直前で火を止めて、アルミホイルで包んで数分放置。

 

f:id:minamoe0529:20200215233835j:plain

 

500グラム弱のお肉ってこんなに大きいんですね!お肉は思いの外あっさりしていましたが、調味料と牛脂がお肉の美味しさを存分に引き出してくれてとても美味しかったです。赤ワインもすすみます。

さすがに半分くらいしか食べられませんでしたが、フライパンに残った脂とワインと旨味成分が混ざったものを取っておいたので翌日それを使って再び火を入れて最後まで美味しくいただきました。

 

f:id:minamoe0529:20200215234302j:plain

 

ちなみに使用した調味料はこちら。スーパーには本当にたくさん種類があって、どれにしたらよいかすごく迷いましたが、これはとても美味しくておすすめできる味でした!

 

お店でステーキを食べようと思うとかなり高いですが、ひと手間加えることで自宅でも美味しく調理ができるので、ぜひ試してみてください。