ドイツ生活 徒然記

ドイツでの生活も2年目がスタート。日々体験したことや感じたことを書いていきます。

クラクフ旅行 #10 クラクフ街歩き!バルバカンと織物会館

f:id:minamoe0529:20191014011630j:plain

 

クラクフの中央駅には駅直結でショッピングモールがあります。この出口から出て旧市街までは徒歩5分強くらい。今回は旧市街にある織物会館を見に行きたいと思います。

 

f:id:minamoe0529:20191014011945j:plain

 

数店舗だけですが、こんな半地下にお店が。なにか理由があってこんな造りになったんでしょうね。

 

バルバカンとフロリアンスカ門

f:id:minamoe0529:20191014012152j:plain

バルバカン

これはかつてこのあたりを守る砦として1300年頃に建てられたもの。ヨーロッパに数箇所しか残されておらず、クラクフのバルバカンはその中で最大規模。城壁は取り壊されたものの、このバルバカンと15世紀に建造されたフロリアンスカ門は当時の姿をとどめています。

 

f:id:minamoe0529:20191014012708j:plain

 

このフロリアンスカ門をくぐると、

 

f:id:minamoe0529:20191014012844j:plain

 

旧市街に入ります。写真は入って左手を見た様子。壁際で絵を売っている人がいます。

門をくぐって正面をまっすぐフロリアンスカ通りを進むと、織物会館がある中央市場広場に出ます。

 

織物会館

f:id:minamoe0529:20191014013234j:plain

織物会館

 

中央広場市場はヨーロッパで最も広い広場の1つとして知られています。その中央に建っているのがこの織物会館。1階は手工芸品などを扱う土産物屋さんが長さ100メートルの建物にずらりと並んでいます。2階は博物館となっていますが、今回はこの1階を覗いてみました。

 

f:id:minamoe0529:20191014013933j:plain

 

建物は天井が高く、シンプルな造りです。

 

f:id:minamoe0529:20191014032327j:plain

 

宗教的な絵画イコンやレース、刺繍製品など色鮮やかな手工芸品が並んでいます。

 

f:id:minamoe0529:20191014032739j:plain

 

ポーランドのグダンスクは琥珀の名産地として知られています。ここクラクフでもたくさんの琥珀アクセサリーが売られていました。

 

f:id:minamoe0529:20191014033255j:plain

 

ボレスワヴィエツの食器もありました。細かい絵柄で特に可愛いものばかり。売っているスタッフの方も綺麗♡

 

f:id:minamoe0529:20191014033515j:plain

 

ポーランドは革製品のイメージがあまりなかったのですが、バッグにお財布、ベルトを売っているお店をいくつか見かけました。なかなか使い勝手が良さそうな小ぶりのハンドバッグやショルダーバッグなどが置いてあって思わず目を留めてしまいました。

 

他にも毛糸の靴下や細工が施された小さな木箱、マトリョーシカなど様々なお土産品が売られていました。いくつかの店舗は閉まっていて、ちょっと寂しい気持ちになりました。

 

f:id:minamoe0529:20191014034818j:plain


夜は小雨が降っていましたがとても美しい夜景でした。右手に見えるのは聖マリア教会で、内装が非常に美しいのですが、あいにく修理中だったのか一部しか見ることができませんでした。写真撮影ができなかったので、機会があれば実際に足を運んでみてください。