ドイツ生活 徒然記

ドイツでの生活も2年目がスタート。日々体験したことや感じたことを書いていきます。

クラクフ旅行 #8 国立美術館 後編~乙女心をくすぐる!ファッショナブルな展示~

前回に引き続き国立美術館での展示について書いておきたいと思います。ダ ヴィンチの作品を見てかなり満足しましたが、せっかくならということで隣の部屋の常設展らしき部屋も見て回ることにしました。それが思いのほか楽しかったんです。

 

心躍るファッショナブルな展示品

ここからは私の好みというフィルターを通して厳選した展示品たちの写真を載せていきます。

 

f:id:minamoe0529:20191011023324j:plain

 

どうやら昔の人々の服装や調度品など生活に関わる品々が展示されているようです。写真撮影もフラッシュなしならOKとのこと。写真ではわかりづらいですが、右のドレスの色合いとシルエットがすごく素敵で見惚れました。

 

f:id:minamoe0529:20191011023610j:plain

 

帽子も芸が細かくてさらっと見ていくつもりがガン見。

 

f:id:minamoe0529:20191011023805j:plain

 

このドレスも薄いふんわりした生地に繊細な絵柄が描かれていて色もおしゃれで思わず写真を撮りました。こんな調子でとにかく可愛いもの・美しいものがたくさん展示してあるんです。

 

f:id:minamoe0529:20191011024327j:plain

 

解説文をじっくり読みながらという鑑賞ではなく、きれいなものを愛でるというスタイル(ただ疲れていただけです。。)で周っていたのでいつの時代の誰の作品かわかりません。ひたすら美しさと繊細さの集合に埋もれる体験でした。

 

f:id:minamoe0529:20191011211935j:plain

 

このピンクの刺繍の美しいこと。多分、これだけゴージャスでセットだとオーダーメイドだよなぁ。。作らせた人に会ってみたくなります。

 

f:id:minamoe0529:20191011212157j:plain

 

この色といい、輝きといい、小ささといい、モチーフといい、細やかさといい、忘れていた(?)乙女心が呼び覚まされます!

 

f:id:minamoe0529:20191011212335j:plain

 

この王冠はなんなんでしょうか。。デザインに無理が。。いや、なんでもありません。

 

f:id:minamoe0529:20191011212515j:plain

 

これはまた地味可愛い私好みのテーブルセット。落ち着いた色調のクロスとしなやかな足の曲線が美しく、高貴な雰囲気が漂います。

 

f:id:minamoe0529:20191011212652j:plain

 

うまくピントが合っていなくてすみません。このイヤリング類はなぜこうまで繊細なんでしょうか。一番上の17番はビーズで編まれていました。現代においても通用するデザインで普通に欲しい。。

 

失礼ながら、ダ ヴィンチの作品のことしか頭になかったのですが、覗いてみてびっくり。義母とともに「かわいい」を連呼して楽しみました。もし機会があれば、ぜひ常設展の方も鑑賞してみてはいかがでしょうか。かわいいもの好きな方におすすめです。