ドイツ生活 徒然記

ドイツでの生活も2年目がスタート。日々体験したことや感じたことを書いていきます。

ボレスワヴィエツでのランチ SEASON BISTRO

f:id:minamoe0529:20191002035031j:plain

Season Bistro

今日はボレスワヴィエツで昼食を頂いたお店について書いておきたいと思います。屋外席に座ったので写真はテラスが写っていますが、もちろん屋内の席もあります。

 

 

特に下調べせず、人が少なくすんなり入れる所をその場で探して道すがら入りました。英語のメニューもありますが、たまにポーランド語が入っていて全て理解できるわけではありませんでした。店員さんは英語を話してくれたので、メニューを見てわからなかったら話しかけた方がよいかもしれません。

入ったはよいものの、メニューはそこまで多い方ではなく、お客さんが少ないことと、「SEASON」という英語の店名からそんなに美味しい食事は出してくれないのではないかと勝手に想像していました。しかし、私の予想は思いがけず覆されたのです。運ばれてきた料理たちはこちら。

 

f:id:minamoe0529:20191002035802j:plain

 

まずは夫が頼んだチーズバーガー 28.08ズロチ≒7.02€(約845円)。非常にお肉がボリューミーで、加えてソースが美味しかったようです。ちょっとシェアするには食べづらい食べ物だったので私は味見しませんでしたが、彼は非常に喜んで食べ、終始、この満足度でこの値段は安い!と言っていました。

 

f:id:minamoe0529:20191002035740j:plain

 

私が頼んだサーモンのサラダ 23.76ズロチ≒5.94€(約713円)。こちらもお値段の割には量が多い!ドイツでパックの魚を買うと、大抵塩漬けにしてあって塩っぱいのですが、このサラダは塩っぱくないし、生臭さもなかったです。そして見ての通り、オレンジが入っているんです。果肉の甘さがバルサミコの酸っぱさとよく合っていてとても美味しかったです。

 

f:id:minamoe0529:20191002040838j:plain

 

義母が注文した本日のスープ12.96ズロチ≒3.24€(約390円)。スタッフらしき女性が一人でこのスープを食べていたのを見てあれと同じものをください、と注文していました。義母がロシアを訪れた際に食べたボルシチに似ているから絶対美味しいと思う、と待っている間に話してくれたのですが、大当たりだったようです。このピンク色は日本では馴染みがないですが、ビーツの色です。後で調べてみたら、ポーランド語でバルシチ(barszcz)というらしい。値段の割には大きな器だし、中にはじゃがいもも入っていて結構お腹いっぱいになるスープ。一口頂きましたが、とても美味しく深みのある味で、時間をかけて作っているんだろうなと思いました。割と味は濃い目だったので、最後は塩っぱく感じたようでしたが、義母は非常に満足した様子でした。

 

食事が運ばれるのを待っている間は食器店で撮影した写真を見ながら、購入する食器について話していた私たちでしたが、食べ始めてからは皆食事に集中。想像してたより美味しいし安かったので、結果、ポーランド最高!ということになりました。

ポーランドを訪れる機会があったら、ぜひバルシチを食べてみてください。