ドイツ生活 徒然記

ドイツでの生活も2年目がスタート。日々体験したことや感じたことを書いていきます。

バルセロナ旅行 #1 スリ対策

金曜日から2泊3日で夫と義母とバルセロナへ行ってきました。今までスペインへ行ったことがなく、とにかくスリが怖い!ということでYoutubeでスリ対策の動画を見て3人で勉強しました(笑)その結果首から吊り下げるポーチなら服の中にしまえて安全だ!ということで、旅行前日に慌てて買いに行くことに。

 

近所のスポーツショップへ行くと様々な種類のポーチがありました。ウエストポーチやランナー用の細いチューブのようになっているタイプも。最終的にやっぱり吊り下げポーチにしようということで購入したのがこちら。

 

f:id:minamoe0529:20190909191437j:plain

スリ対策ポーチ

1つ13€弱(約1550円)でした。左&中央は色違いです。deuterもJack Wolfskinも値段は同じ。

 

f:id:minamoe0529:20190909191520j:plain

 

左2つの説明書きを見ると日本語も載っていました。ドイツのブランドでした!

 

f:id:minamoe0529:20190910004806j:plain

 

こちらのポーチはポケットが3つとファスナー付きポケットが1つあり、マジックテープでポケットの上部を留められるようになっています。

 

f:id:minamoe0529:20190910005222j:plain

 

紐にはピストンのような留め具が付いていて、好きなところで留め、紐の長さを調節できるようになっています。

 

f:id:minamoe0529:20190910005625j:plain

 

こちらはJack Wolfskinのポーチ。3つのポケットとファスナー付きポケットが1つ、さらに蓋部分にもファスナー付きポケットが付いています。マジックテープで留める蓋を開けずとも、サイドに設置されたファスナーを開ければ紙幣などをしまうことができて便利です。(ちなみにファスナーポケットはパスポートが入る大きさです。)

 

f:id:minamoe0529:20190910005423j:plain

 

裏側です。マジックテープのふわふわした側が縫い付けられています。ちょっとこれはどうしたらいいかわかりません。。

紐は先ほどのdeuterのものと同じでピストン式の留め具が付いていて(留め具を)好きな位置で固定し、紐の長さを調節できます。

 

実際にこれらを身に付けてバルセロナへ行ってきました!出し入れしやすいように着るものに多少気を遣う必要はありますが、お金を入れて服の中にしまいこんでおけば盗られる心配はありません。私たちが観たYoutubeの動画ではスマホケースにストラップを付けて首から下げ、スマホと現金&クレジットカードを収納していましたが、重たくて首が疲れそうだったのでポーチに現金&クレジットカードで正解だったと思います。今回私は吊り下げポーチとウエストポーチの2つのカバンを持っていき、ウエストポーチに2つに分けた現金の残りとスマホを入れていました。

実際にバルセロナの街中を歩いた感想としては、思いのほか怖くなかったというのが正直なところ。2回しか地下鉄に乗らなかったということもあり、危ない目に逢うことはありませんでした。昔イタリアに行ったときのことを思い出すと、ローマの方が危ない印象を受けました。ローマには日本から捨てようと思っていた服しか持っていかず、綺麗な格好は避けてウエストポーチに荷物をまとめ、常に早足で行動、を心がけていました。当時は1人で行動することが多かったのですが、今回は3人で行動したことも良かったと思います。

 

スリ対策まとめ

・事前にYoutubeでスリの手口を勉強しておき予防対策を図る

・現金類は1つにまとめずいくつかに分散する

・服の下に貴重品を身に付ける

・できるだけ複数人で行動する

・地下鉄はできるだけ使わずに歩くもしくはタクシーで行動

 

気をつけていても朝早くから動いて疲れてくると気が抜けてしまいますので、複数人で旅行する場合は声を掛け合ってお互いに気をつけるように意識するとよいです。一人旅をする場合は事前によく現地のスリの手口を勉強して心構えをしておくことをおすすめします。