ドイツ生活 徒然記

ドイツでの生活も3年目がスタート。日々体験したことや感じたことを書いていきます。

ベルリン アディナ アパートメントホテル チェックポイント チャーリー宿泊記

今週は仕事を始めてから初めての休暇です。日本の得意先がお休みするタイミングで私も休むことにしました。先週末から土日月とベルリンに滞在したのですが、ドイツはちょうどここ一番の暑さで日中はショッピング街も人が少なく、なにかあったのかと思うほど。さて、今回はアパートホテルに宿泊したのですが、天井が高くてとても快適に過ごせました。せっかくなので紹介したいと思います。

 

アディナ アパートメントホテル チェックポイント チャーリー

f:id:minamoe0529:20200813035247j:plain

アディナ アパートメントホテル 
アディナ アパートメントホテル の立地

 

住所:Krausenstraße 35-36, 10117 Berlin

今回私たちは車で向かったのですが、事前に駐車場について予約できるか問い合わせると、当日確実に用意できるかわからないとの返信。現地に行ってみると向かい側に路上の駐車場があったのでそこに停めることにしました。しかも、日曜日は路駐代はかかりません。土曜日も22時以降は路駐代フリー。ホテルで確保してもらう場合はおそらく地下の駐車場に入れてもらうのだと思いますが、一泊20€なので路駐にして良かったと思いました。

公共交通機関で行く場合はUバーン(地下鉄)のStadtmitte駅が歩いて10分強くらいだと思います。

アディナ アパートメントホテルのロビー

f:id:minamoe0529:20200813043052j:plain

アパートメントホテル アディナのエントランス

入って正面左側にフロント、正面奥に小さな売店があってスナックなどを買えるようになっていました。中庭は朝ドアが開いていたのでカフェ利用できるのかも?そこまで重厚感はありませんが、清潔感があってよい雰囲気のエントランスでした。

 

f:id:minamoe0529:20200813043432j:plain

アディナ アパートメントホテル ロビー

表に面している窓ガラスにはオープンしているというアピールで手書きの文字が書かれています。その演出がちょっとチープな感じが出てしまっていてちょっと残念。

 

f:id:minamoe0529:20200813043635j:plain

アディナ アパートメントホテルのロビー

フロントからは見えない位置にもソファがあったり。ソファがたくさん置いてあるだけで少しくつろいだ気持ちになるのは私だけでしょうか。

 

アディナ アパートメントホテルのコロナウイルス対策について

実は私たちはもともとポーランドクラクフに行く予定でした。しかし、コロナウイルスの感染リスクを考え、ドイツ国内にとどまることに。アディナホテルではフロントに透明の間仕切りが設置され、スタッフはマスクをしていないものの、ホテルの方針としては意識されていることを感じました。ちなみにゲストに対してはマスク着用をするよう張り紙が掲示されていました。

そしてエレベーターの前にはこんな看板が。

f:id:minamoe0529:20200813044223j:plain

コロナウイルス対策

エレベーターに一度に乗れる人数は2名まで!大体マックス10人くらいが乗れるエレベーターでしたが、人数制限がされていました。管理している人は特にいませんでしたが、私たちが利用した際は他のゲストとかちあうことはありませんでした。

 

朝食に関しては事前予約制がとられていて、こんな紙を渡されました。

 

f:id:minamoe0529:20200813045055j:plain

朝食選択の紙

現在コロナウイルス対策でブッフェをおこなっていないため、注文制になっているようです。私たちはベルリンのカフェを楽しみたかったので注文しませんでしたが、ホテルで朝食をとる場合は1人12€です。

アディナ アパートメントホテルの客室

f:id:minamoe0529:20200813045646j:plain

エレベーターのキー認証

エレベーターに乗ったら、フロア番号ボタンの上にあるカードと書かれているところにカードをかざし、そのまま階ボタンを押します。もたもたしているとエレベーターが他のフロアに呼ばれてしまうこともあります。。

 

f:id:minamoe0529:20200813045831j:plain

アディナ アパートメントホテル 客室入り口

写真左手が入り口のドアです。入って左手にお手洗い&バスタブ、右手にキッチン、正面にリビングです。本来であればキーカードを壁のホルダーに差し込んで電気の主電源を入れるのですが、現在夏場でエアコンを効かせるために挿しっぱなしにしてくれていたんです。おかげで都会の暑さを凌ぐことができました。

 

f:id:minamoe0529:20200813050003j:plain

アディナ アパートメントホテルのキッチン

キッチンはコンパクトにも関わらず、オーブンと食洗機を設えてあり本格的でした。

 

f:id:minamoe0529:20200813050211j:plain

調理器具は一式揃っています

冷蔵庫も大きいので長期滞在にもおすすめです。ネスプレッソも置いてあったのでコーヒーが楽しめます。私たちは結局飲む機会がありませんでしたが、連泊の場合清掃時に補充してもらえるようです。

 

f:id:minamoe0529:20200813050511j:plain

キッチンにあったフリーティーバックなど

紅茶のパックは使われていないものの、既に開封されていたので使われずにずっと置いてあるんだろうなと。。料理で使うために、飛行機の機内食についてくるような塩コショウの小袋がセットされていました。

 

f:id:minamoe0529:20200813044858j:plain

アディナ アパートメントホテルのリビング(映り込みすみません)

リビングのテレビの下にはスーツケースを広げられるような台が設置してあり、とても便利でした。

 

f:id:minamoe0529:20200813051154j:plain

アディナ アパートメントホテルのリビング

ダイニングスペースもあって、ガスなしのお水が一本置いてありました(フリーです)。

 

f:id:minamoe0529:20200813051415j:plain

アディナ アパートメントホテルの客室内デスク

ダイニングの横には仕事もできてしまうデスクが。今回はパソコンを持っていかなかったのですが、次回利用するときは持っていってもいいかも。もちろんWi-Fiはフリーです。

 

f:id:minamoe0529:20200813051629j:plain

アディナ アパートメントホテルの客室 化粧室

f:id:minamoe0529:20200813051822j:plain

アディナ アパートメントホテルのバスタブ

booking.comで掲載されていた情報にはバスローブが設置されているとありましたが、見当たりませんでした。

 

f:id:minamoe0529:20200813183330j:plain

備え付けの洗濯機

洗濯機&乾燥機が設置されていたので、自分で好きなときに使うことができます。
 

f:id:minamoe0529:20200813180220j:plain

アディナ アパートメントホテルの寝室

枕元の電灯は右奥のものが調子が悪くたまに激しく点滅したりしてちょっと困りましたが、それ意外に不便なことはありませんでした。ベッドも寝心地よく、快適に眠ることができました。ベッドの向かい側の壁にはこちらにもテレビが設置してあり、寝ながらテレビを眺めることができます。

f:id:minamoe0529:20200813200025j:plain

アディナ アパートメントホテル 客室クローゼット

クローゼットは扉が鏡張りになっており、部屋が広く見えました。中にはアイロンとアイロン台、金庫がありました。

 

f:id:minamoe0529:20200813180552j:plain

アディナ アパートメントホテルのテラス

リビングからはテラスに出ることもできます。今回の滞在では気候が非常に暑かったため利用しませんでしたが、朝晩は少し涼しいので外に出ても良かったかも。私たち夫婦は非喫煙者なので灰皿はいらないのですが、とにかくヨーロッパの人たちはタバコをよく吸っているのでこういったテラスは彼らにとってはとても大切なのだと思います。

f:id:minamoe0529:20200813180933j:plain

窓の外の風景

向かい側は団地のようになっており、公園で子どもたちが遊んでいる様子でした。写真のように路上駐車場がたくさんあるので、よほどの高級車でない限り路駐で十分かなぁと思います。

アディナ アパートメントホテルのアメニティ

ヨーロッパのホテルは基本的に歯ブラシセットが置いてありません。基礎化粧品もしかり。このホテルはスリッパもありませんでした。

f:id:minamoe0529:20200813181159j:plain

シャワージェルとハンドソープ

個人的にシャワー後にボディローションをつける習慣がないので残念ながら使用レビューはできないのですが、そのまま持って帰ってもよさそうな感じでした。ハンドソープは容器を使いまわしているようでした。

 

f:id:minamoe0529:20200813181622j:plain

シャンプー&ボディソープ

こちらはボトルタイプのシャンプー&ボディソープです。大抵は1本で2役のものが置いてあるので、気になる方は自分で持ってくるのが良いと思います。

 

f:id:minamoe0529:20200813182509j:plain

 

ドライヤーは洗面台の下に収納されていました。スイスのマークがついていますが、高いんでしょうか。(調べたら5000円弱くらいのラインでした。)

 

アディナ アパートメントホテルの価格

今回2泊しましたが、ベルリン市税(5.07€×2泊)も含めて212.94€でした。日本円にすると約2万5千6百円、1泊あたり1万2千8百円くらいでしょうか。今はコロナウイルスの影響もありますが、もともとバカンスシーズンのため、本来であれば一番稼ぎ時のはず。それにしても45平米で広々としており、充実した客室でこの値段は安いと思いました。

 

アディナ アパートメントホテルの良かった点・悪かった点

良かった点
  • 路上駐車場がすぐ目の前にあり、利用しやすかった
  • 部屋が広々としていて天井も高く、リラックスできた
  • 清掃およびタオル交換をしてもらえて気持ちがよかった
  • 1人あたり1泊約6400円と値段が安かった
  • ミッテの近くで観光に便利だった
悪かった点
  • チェックインの際に損害補償用デポジット50€をひかれる
  • 駐車場の予約時に路上駐車場についての情報がほしかった

基本的にかなり満足度が高かったです。2020年9月30日まではレストランやフィットネスルーム、バーが全てクローズなので、予約される際は留意してください。損害補償用デポジットについてはbooking.comのホテルページ一番下に書いてあったため気が付かず、当日ちょっとびっくりしました。なお、キッチン設備はかなり充実しているので、食材をたくさん買って自炊することもできます。夫いわく、泡立て器もあったそうです。オーブンもあるのでケーキも焼けちゃいますね。

 

今回「アパートホテル」を予約する際、気をつけたのはフロントがあるかどうか。個人で部屋を貸しているクラクフのアパートホテルで以前鍵をもらうまで30分以上待った経験があったので、今回は絶対スムーズにチェックインするんだ、という思いでホテル選びをしました。ステイケーションにはぴったりのホテルだったので、ベルリンを旅行する際はぜひ泊まってみてください。なお、以前クラクフで宿泊したホテルの記事はこちらです。

 

www.et-chandon.com