ドイツ生活 徒然記

ドイツでの生活も3年目がスタート。日々体験したことや感じたことを書いていきます。

ドイツ人の書類整理の仕方 穴あけパンチとノート綴じ文具Heftstreifen

夫が大量に出力するものがあって、家に書類の山ができたので整理するツールを購入しようと文具店に行ってきました。以前ドイツ人の大学院生の女性とお話した時に、「日本の100円均一は素晴らしいけれど、書類整理に便利な「あれ」が売っていなかったの。」と残念そうに言っていた「あれ」を買うことに。彼女も名前を知らなくて使っていたようでしたが、そのとき画像検索して見せてくれたものが「Heftstreifen」でした。

どういうものかというと、こんな感じで売っています。

 

f:id:minamoe0529:20200107021957j:plain

 

小さな文房具屋さんに行ったのですが、Heftstreifenは紙製とプラスチック製と2種類置いてありました。ちなみに数量は10個セットもしくは25個セット。

 

f:id:minamoe0529:20200107022233j:plain

 

穴あけパンチはドイツ語で「Locher」と言います。お店には最大厚み対応が16枚のものや25枚対応のものなど数種類置いてありましたが、とりあえず中間のものにしてみました。パンチが8.99€(約1080円)、ノート綴じが1.99€(約240円)です。雑貨品はやっぱりドイツで買うと高い。。。

 

 

f:id:minamoe0529:20200107040440j:plain

 

Heftstreifenの使い方は簡単です。平たい針金に穴あけパンチで開けた穴を通し、上から白い押さえパーツを通して針金を外側に折り込むだけ。

 

f:id:minamoe0529:20200107040820j:plain

 

こんな感じですね。小学生のときにつかっていたファイルの構造と似ているけれど、こちらのほうがもっと簡素。。

※外側に余った部分がはみ出るのが嫌な人はくるっと向きを変えた状態で穴を通せばはみ出ません

 

順調にパンチで穴を開けていたら16枚の束で撃沈。。。パンチが上に上がらなくなってしまうという故障。。。10枚くらいが限度ですかね。簡単に書類整理しようと思ったら買ってすぐにトラブって修理するのに四苦八苦でした(苦笑)

 

…日本の100均に行きたーい!!!!