ドイツ生活 徒然記

ドイツでの生活も2年目がスタート。日々体験したことや感じたことを書いていきます。

ドレスデンでもタピオカミルクティー&抹茶が飲める!?

f:id:minamoe0529:20191021215205j:plain

Centrum Galerie Dresden

週末にショッピングモールへ行ってきました。ちょっと前から気になっていたのですが、ここのフードコートに若者に人気のタピオカドリンク屋さんがあるんです。

 

f:id:minamoe0529:20191021215354j:plain

The Fresh Tea Shop

 

 

ドレスデンの中央駅からショッピングモールのCentrum Galerieまでは歩いて行くことができます。

 

The Fresh Tea Shopは2011年にドイツで生まれ、国内に5店舗、ウクライナに1店舗、そしてカナダに1店舗を構えています。

ホームページはこちら(英・独)↓

www.thefreshteashop.com

 

ここのお店は2013年にオープンしたそうですが、お店の前を通るといつも若者でいっぱい。私が行った日にも10代~20代のグループやカップルが訪れていました。

 

15分くらい並んで購入したのがこちら

 

f:id:minamoe0529:20191021221024j:plain

 

左:抹茶ラテのマカダミアフレイバー3.95€(約475円)

右:ブラックハニーミルクティー4.7€(約565円)

 

抹茶ラテには茶筅(ちゃせん)を使って実際に点てたお抹茶を使っており、驚きました。味はフレイバーを選ばなくてはいけなかったのでマカダミアにしたのですが、抹茶の香りがするものの、なんだかナッツを食べたときのように口全体が粉っぽくなるようなそんな味がしました。ドイツにしては味が薄くて甘さ控えめな印象です。

ブラックハニーミルクティーにはトッピングでタピオカを追加しました。氷が多いのか、若干水っぽく薄いですが、まあまあ美味しかったです。

 

今年(2019年)の6月に日本に一時帰国した際、多くのカフェでタピオカミルクティーを売っていました。地元の名古屋にもいくつかタピオカのお店ができていて流行りとは不思議なものだなぁとしみじみ。日本の流行りに乗じて私もちょっと興味をそそられていたこのドレスデンのお店ですが、正直言って味は普通。やはり台湾のタピオカミルクティーが一番だと思います。

しかし、ドイツでどうしてもタピオカミルクティーが飲みたい!というタピオカホリックの方がもしいれば、飲んでみてください(ちなみにドイツ語で依存性があることをsüchtig(ズィヒティヒ)といいます)。