ドイツ生活 徒然記

ドイツでの生活も2年目がスタート。日々体験したことや感じたことを書いていきます。

クリーニング店でのトラブル

次回はチェコ観光!というつもりで前回書いていましたが…ちょっとタイムリーに書き残しておきたいことがあったので予定を変更しております(笑)

 

先月末にダウンジャケットと冬のスーツのジャケット、そしてウールのマフラーをクリーニングに出してきました。翌週の月曜日にはジャケットとマフラーが仕上がり、ダウンは7月6日までかかるということでした。どうせなら6日以降にまとめて取りに来ようと思い、昨日引き取りに行ってきました。

レシートがそのまま引換証になるのでレシートを渡すとなかなか見つからない模様。受付の女性はダウンジャケットだけカウンターに持ってくると、「他の2つは見つからないわ。引き取りにまだ来ていない?」と。まだ引き取っていないと伝えると、パソコンで番号を調べて「引き取りに来たことになっているんだけど。」と言われました。え?そんなはずはないと言うと、同僚に確認するからまた来てちょうだいと言われ、ダウンだけ持って帰ることに。

 

引き取り可能日から1週間経っているけれど、その期間保管してくれないクリーニング店なんてあるんだろうか。それにしてもおかしい。。盗まれたんだろうか?それとも違うお客さんに間違って渡された?色々と考えを巡らせながら帰宅しました。

そして今日、再度取りに行ってきたところ、昨日とは別の女性がいて、「(同僚は)間違った番号で探していたみたい(にっこり)」と言ってすんなり渡してくれました。

。。。

 

「本当に見つからなかったらどうやって弁償してもらおう、、ドイツ語でなんて言おう、、」とかなりナーバスになっていたのですが、盗難でもなく単なる人的ミス(苦笑)本当にほっとしました。もちろん、お店の人はミスを謝罪することはありません。。こちらとしては「2回取りに来るのも面倒だから1回で済まそう!」と思ってまとめて取りに行くことにしたのですが、結局2回行くはめに。。

次回からはトラブル時に役に立つように、預けるものの写真を撮影したり、引渡しの対応をしてくれる担当者の名前を確認したりしようと思いました。

 

f:id:minamoe0529:20190710021237j:plain

 

無事に帰還したマフラーとジャケット。マフラーは祖母からもらったもので思い入れもあり、帰ってきて本当に良かった。ジャケットは営業時代に気に入ってよく着ていたORIHICAのもの。内ポケットが付いていて名刺入れを入れられるのが便利でした。

 

今回の学び

・相手も人間。間違えているかもしれないので再度確認してもらう

・クリーニングは早めに引き取る

・無くなったときのために、預けるものの写真を撮影しておく

 

以上、お付き合いいただきありがとうございます!